中古マンション建物調査

中古マンションの購入前に一級建築士が建物を調査・診断し、購入判断に役立てて頂くサービス

中古マンション建物調査の対象

  • 中古マンションが対象
  • 購入前(契約前)の方が対象
  • 経験豊富な一級建築士が宮城・岩手・福島・山形に対応
  • 中古一戸建ての方は中古一戸建て住宅診断をご覧ください

中古マンション購入のリスク

中古マンション

中古マンションの購入後に、給排水設備等の不具合や床・壁の歪み等の問題があれば、想定外の補修費用が必要となるリスクがあります。購入時に資金を使ってしまい、対応できないこともあります。

また、共用部に大きな異常があったり、管理面や長期修繕計画の問題があればマンションの資産価値にマイナス影響ともなります。中古マンション建物調査は、リスクをできる限り回避するためのサービスです。

中古マンション建物調査のメリット

共用部の調査
  • 一般消費者に代わって、専門家の視点で建物調査してくれる
  • 入居後の想定外の補修費用の発生を可能な限り抑えられる
  • 中古マンションのメリット・デメリットを知った上で購入判断できる
  • 管理上の問題点を明らかにして購入判断できる
  • リフォーム(補修)すべき箇所がわかる
  • 希望のリフォームが可能かわかる

中古マンションでチェックすべきこと

1.建物全体(共用部分)の劣化具合(※重要なチェックポイントです)
2.専有部分(室内)の劣化具合
3.マンションの性能(遮音性・快適性など)

中古マンション建物調査は、上のうち1+2がセットになっており、3はオプションとして対応可能です。

この建物調査は、売主が居住中でも対応可能です。売主側に気を遣われる方もいらっしゃいますが、特に問題ございません。調査担当者もよく理解しておりますので、丁寧に対応いたします。中古住宅の場合、6〜7割程度は居住中に建物調査しております。

中古マンション建物調査の報告書のサンプル

中古マンション調査報告書

宮城県内の対応エリア

■ア行
石巻市・岩沼市・大河原町(柴田郡)・大崎市・大郷町(黒川郡)・大衡村(黒川郡)・女川町(牡鹿郡)
■カ行
角田市・加美町(加美郡)・川崎町(柴田郡)・栗原市・気仙沼市
■サ行
蔵王町(刈田郡)・塩竈市・色麻町(加美郡)・七ヶ宿町(刈田郡)・七ヶ浜町(宮城郡)・柴田町(柴田郡)・白石市・仙台市青葉区・仙台市泉区・仙台市太白区・仙台市宮城野区・仙台市若林区
■タ行
和町(黒川郡)・多賀城市・富谷町(黒川郡)・登米市
■ナ行
名取市
■ハ行
東松島市
■マ行
松島町(宮城郡)・丸森町(伊具郡)・美里町(遠田郡)・南三陸町(本吉郡)・村田町(柴田郡)
■ヤ行
山元町(亘理郡)
■ラ行
利府町(宮城郡)
■ワ行
涌谷町(遠田郡)・亘理町(亘理郡)

※離島は対応致しておりません
出張料はこちら
※宮城県以外にも岩手県・福島県・山形県のほか、ほぼ全国に対応しております。宮城県以外はこちらからお問合せください。

中古マンション建物調査の料金・必要書類等

■料金
[基本サービス]
専有部+共有部  50,000円(税込54,000円)
[オプションサービス]
竣工図書チェック 10,000円(税込10,800円)
[関連サービス]
売買契約書チェック 40,000円(税込43,200円)

■追加料金
エリアによっては出張料金が生じます。また、専有面積が100uを超えますと追加料金が生じます。

キャンセル規定と支払い時期

■必要書類
[基本サービス]
広告程度の間取り図、長期修繕計画書

[オプションサービス]
・竣工図書チェック
設計図書(竣工図書)を現地で確認いたしますので、不動産仲介業者を介して管理人や管理会社に竣工図書を閲覧できる日時と場所をご確認ください。竣工図書は、持ち出しできないものです。
竣工図書は、管理人室に保管していることが多いですが、保管していないこともあるので必ず事前に確認しておいてください。

■申込日
空き状況にもよりますが、前日のお申し込みでも対応可能です。但し、ご予約が一杯の場合はお断りする場合がございますので、できるだけお早めにお申し込みください。

中古マンション建物調査の申し込み方法とサービスの流れ

1. お見積り・予約状況の確認及びその他のお問合せ

2. お申し込み

3. 弊社より「受付メール」を送信

4. お客様より当社へ必要書類を送付

5. 担当者よりお客様へ連絡(待ち合わせ場所・時間の確認のため)

6. 当日に現地にて調査を実施  ※調査後、10日以内に代金のお支払い

7. 報告書を送付

8. 質疑応答

9. アフターサービス